奥トレーダー(かかあ天下)のFX投資

FXで億万長者を目指す物語

FX 講座 FXで必要なロウソク足 絶対的相場観を理解するために!

ローソク足とは、株、FX相場などの値動きを横軸(時系列)に沿って図で表したものです。 形状がロウソクに似ていますので「ローソク足」と呼ばれています。

ローソク足は、江戸時代に大阪、堂島の米相場で巨万の富を築いたとされる本間宗久が考案し、明治時代になって確立したと言われてます。

ローソク足チャートの「ローソク」とは、分、時間、1日、1週間、1ヶ月という期間中の、

  • 始値(はじめね)・・・ 相場が始まった時の価格
  • 高値(たかね) ・・・ 期間中の高値
  • 安値(やすね) ・・・ 期間中の安値
  • 終値(おわりね)・・・ 相場が終わった時の価格

という四本値(よんほんね)を表したものです。

 

f:id:okutorekun:20200202101526j:plain

ロウソク足の構図

陽線

始値より終値が高い場合、ローソク足の実体部は、赤色となり「陽線」と呼ばれます。買いの勢いが強かったことが一目でわかります。実体部の長短で買いの勢いがわかります。

陰線

始値より終値が安い場合、ローソク足の実体部は、青色となり「陰線」と呼ばれます。売りの勢いが強かったことが一目でわかります。実体部の長短で売りの勢いがわかります。

ヒゲ

ローソク足では高値と安値をヒゲで示していることで、高値圏や安値圏での売り圧力と買い圧力の強弱が把握できます。

上ヒゲが長ければ、上値が重い(売り圧力が強かったために押し戻されて終わったことがわかります。)上昇が長く続いた後に出現した場合、転換が示唆されます。

下ヒゲが長ければ、底堅い(買い圧力が強かったために押し戻されて終わったことがわかります。)下落が長く続いた後に出現した場合、転換が示唆されます。

 

ロウソク足から受け取れる情報は↓の通りです。

f:id:okutorekun:20200202103132j:plain

ロウソク足から受け取れる情報

 

自分がデイトレーダーなら、週足のロウソク足を見てその前後の関係から全体的な相場の流れを把握します。

 

次に、日足を確認します。

 

日足の見方は、前日の高値を超えて上にいてるのか、底値を割って下にいてるのか。

そして、そのローソクの受け取られる情報は、強いのか、弱いのか。

これだけを読み取ってください。 その他の情報は入れないでください。

 

次から、時間足、分足になりますが、深い&長くなるので、次回にいたします。

 

相場勘とは、過去の相場で如何に俯瞰的に現在をみられるかです。

 

今後ともよろしくお願い致します。